車載システム開発/Android/Carplay/SDL

CPU間通信

HOME > 開発実績 > CPU間通信
CPU間通信

概要

複数のSoCを搭載する車載システムにおいて、SoC間で連携動作するための通信ドライバからフレームワークの開発を行っており、車載システム独自の通信規格をベースに、連携動作する必要のある機能にヒアリングを実施し、利用する機能で設計・実装し易く、かつ、拡張性の高いインターフェイスをご提案しています。

ポイント

機能開発に加え、ターゲットOSに依存した不具合(カーネル部分など)について、ソースコードの静的解析から、
オシロスコープを利用した波形による解析まで、幅広い組み込み開発のノウハウをご提供しています。

GPIO/I2C/SPI/UARTといった通信方式のデバイスドライバに対応可能です。

プラットフォーム AndroidOS
開発言語 C/C++,Java

お問合せ

開発に関するお問合せ、ご相談をご希望の法人様は『お電話』若しくは 『開発のお問合せ』からお気軽にお問合せください。
その他のお問合せは、以下メールフォームからお寄せください。

Copyright(C) 2017 BRISON Inc.